6章 セットアップ

Chapter 7. Setup:

7.1. Toplevel objects:

プロパティ:

データタイプ:

説明:

デフォルト:

types

readonly

タイプ(内部)

type=99 平文表示用に確保されている

 

resources

readonly

リスト内のリソース(内部)

 

sitetitle

readonly

サイトタイトル(内部)

 

config

->CONFIG

グローバルコンフィギュレーション。

これらの値は、キャッシュページで格納され、これはキャッシュページをを取り出した時にもアクセス可能であることを意味する。

 

constants

->CONSTANTS

サイト固有の定数、例:一般的なEメールアドレス。これらの定数はページをずっと通してテキスト内で置き換えることができる。置き換えはparseFuncによって行われる。(オプション: constants=1)

 

FEData

->FE_DATA

ここではフロンエンドから送られたデータがどのように(どのスクリプトか、などが)処理されるかを設定することができる。

 

includeLibs

Array of strings

TYPO3のユーザのincludescriptで用いるために、関数ライブラリでphp-ファイルを組み込むことができる。

同じプロパティを持つPAGE-オブジェクトを参照。

 

Other reserved TLO's:

 

plugin

tt_*

temp

styles

lib

_GIFBUILDER

 

これらのtoplevelオブジェクトの名前は確保されている。すなわち、それらを使うためにrisk static_templatesをトライすることができる:

“plugin”はボード、電子商取引ソリューション、ゲストブック等のような特別なコンテンツをレンダリングするために使用される。通常、static_templatesから設定する。下記、個々の解説を参照!

“tt_*”, eg tt_content (“content (デフォルト)”から)はテーブルからコンテンツをレンダリングするのに使用される。

“temp” 及び“styles”は解析時にコピーできるconde-ライブラリ用に使用されるが、キャッシュのテンプレートでは保存されない。テンプレートがキャッシュされる前は、"temp" / "styles"は設定されていない!したがって、これらの名前を一時的なデータの保存に使用すること。

“lib”はコードの“library”用に使用することができる。TypoScript で参照(未設定の“styles”とは異なる)

 

...

PAGE

新しいページを始める

 

例:

page = PAGE

page.typeNum = 1

 

ガイドライン:

使用するのによい一般的なPAGEオブジェクトの名前は以下の通り:

page はコンテンツを持ったメインページ用

frameset, frameset2 はフレームセット用

top, left, menu, right, bottom, border トップやメニューのフレーム等用

これは単なる提案である。特に、コンテンツを担うページ用の名前

'page'は非常に平凡である。

 

...

(whatever)

toplevel-オブジェクトがPAGE-オブジェクトでない場合は、セットアップ用の一時的な保存場所として使用することができる。この場合、"temp"又は"styles"オブジェクトを使用するべきである。

"tt_..."は通常、コンテンツレコードのセットアップの定義に使用される。例えば、"tt_content"はデフォルトでtt_content-table用に使用される。"CONTENT"-cObjectを参照

 

[tsref:(TLO)]

7.1. Toplevel objects:

Property:

Data type:

Description:

Default:

types

readonly

Types (internal)

type=99 reserved for plaintext display

resources

readonly

Resources in list (internal)

sitetitle

readonly

SiteTitle (internal)

config

->CONFIG

Global configuration.

These values are stored with cached pages which means they are also accessible when retrieving a cached page.

constants

->CONSTANTS

Site-specific constants, eg. a general email-adresse. These constants may be substituted in the text throughout the pages. The substitution is done by parseFunc. (Option: constants=1)

FEData

->FE_DATA

Here you can configure how data submitted from the front-end should be processed, which script and so on.

includeLibs

Array of strings

With this you can include php-files with function libraries for use in your includescript in TYPO3.

Please see the PAGE-object, which has the same property.

Other reserved TLO's:

plugin

tt_*

temp

styles

lib

_GIFBUILDER

These toplevel object names are reserved. That means you can risk static_templates to use them:

“plugin” is used for rendering of special content like boards, ecommerce solutions, guestbooks and so on. Normally set from static_templates. Please see separate description below!

“tt_*”, eg tt_content (from “content (default)”) is used to render content from tables.

“temp” and “styles” are used for conde-libraries you can copy during parse-time, but they are not saved with the template in cache. "temp" / "styles" are unset before the template is cached! Therefore use these names to store temporary data.

“lib” can be used for a “library” of code, you can reference in TypoScript (unlike “styles” which is unset)

...

PAGE

Start a new page

Example:

page = PAGE
page.typeNum = 1

Guidelines:

Good, general PAGE object names to use are such as:

page for the main page with content

frameset, frameset2 for framesets.

top, left, menu, right, bottom, border for top and menu frames etc.

This is just recommandations. Especially the name 'page' for the content bearing page is very common.

...

(whatever)

If a toplevel-object is not a PAGE-object it could be used as a temporary repository for setup. In this case you should use the "temp" or "styles" objects.

"tt_..." is normally used to define the setup of content-records. Eg. "tt_content" would be used for the tt_content-table as default. See the "CONTENT"-cObject

[tsref:(TLO)]