1章 TSref

拡張子キー:doc_core_tsref
著作権2000-2007, [email protected], [email protected]

この文書はhttp://www.opencontent.org/opl.shtmlから入手できるOpen Content Licenseの元に出版されている

この文書の内容はwww.typo3.comから入手できるTYPO3-a GNU/GPL CMS/Frameworkに関連している

2007年4月TYPO3 4.1用に改訂

Chapter 1. TSref

Extension Key: doc_core_tsref

Copyright 2000-2007, [email protected], <[email protected]>

This document is published under the Open Content License

available from www.opencontent.org/opl.shtml

The content of this document is related to TYPO3

- a GNU/GPL CMS/Framework available from www.typo3.com

Revised for TYPO3 4.1, April 2007

1.1. はじめに

1.1. Introduction

注意

この文書は参考文献である – TYPO3 もしくは TypoScriptへ一歩ずつユーザを指導するものではないので、この文書をご覧になる時は御自分が何を求めているのかを知っておいて下さい。そして、指導書からその解説的な作業を得るようにして下さい。

Warning

This document is a reference - it does not intend to guide you step by step into TYPO3 or TypoScript. So you should know what you are looking for when coming to this document and then let tutorials do the explanatory work for you.

お知らせ

大文字と小文字の区別
TypoScript内の名前と参考資料は全て大文字と小文字を区別する。これは知っておかなければならない非常に重要な内容である。

myObject = HTML
myObject.Value = <BLINK> HTML - code </BLINK>

myObject = html
myObject.value = <BLINK> HTML - code </BLINK>

は同じではない。
文字の内容はコンテンツのオブジェクト”HTML”としては認識されない。ですから、このマニュアルではオブジェクトの文字が大文字か小文字かというのが重要である。

General information

Case sensitivity:

All names and references in TypoScript are case sensitive! This is very important to notice. That means that:

myObject = HTML
myObject.Value = <BLINK> HTML - code </BLINK>

is not the same as

myObject = html
myObject.value = <BLINK> HTML - code </BLINK>

The latter case will not be recognized as the content-object "HTML". In this manual the case of objects is therefore important

Chapter 1. TSref